今まで自宅にこもっていたニートが一念発起して就職活動をする場合、職歴が無かったり理由もなく引きこもっていたことで、社会的な信用もなく、苦戦することは覚悟しておき、気長に活動していく心構えでいる必要があります。ですが、現在では景気も上向きなので、ニートやフリーターでも正社員とはいかないまでも、契約社員での働き口も少しづつ増えてきてはいます。

 

トライアル雇用をフル活用する

 今まで職歴が無かったり、長い間勤務実績が無い場合でも、ハローワークの紹介から「トライアル雇用」を受けることができます。トライアル雇用というのは、一種のお試し雇用の事で求職者が3ヶ月勤務した結果、勤務先がこれからも勤務して欲しいと求職者に打診し、了承されたのち本採用となる制度です。企業側は3ヶ月雇用することで、給付金が支給されますし、求職者の適応能力を見ることができます。

 

 ただし、トライアル雇用には条件がありますので、職安窓口で雇用条件を確認してみましょう。

 

職業訓練を受けて資格を取る

 全く資格を持っていない場合には、ハローワークを通じて無料で職業訓練を受けることができる制度があります。パソコンや溶接などの資格を取得でき、自分の能力を伸ばすことができる上、就職にも有利になる資格を取得できますので、何の資格もないまま就職活動をするのが不安な場合、まずは資格を取得してみましょう。


このページの先頭へ戻る