大学を中退して就職をする場合はどうすればよいか

 大学を中退して就職活動をすることは、通常の新卒採用におけるナビやツールを利用できないので大変です。しかしながら、大学の中退者の就職をサポートしてくれる場合もありますので、まずは大学の就職課に相談することをおすすめします。

 

 さらに、企業によっては教養課程を修了していると短大卒扱いになるところもありますので、そのような企業を探すという手段もあります。

 

 もう一つは、社員登用のあるアルバイトから始めて見るという方法もあります。アルバイトの場合、高校卒業以上の学歴でしたら採用されるところも多いです。ですから、社員登用があるというアルバイトの求人をアルバイト求人雑誌などで探すという方法もあります。

 

中退者を採用するかどうかは企業それぞれのスタンスがあります

 大学中退者は、高校卒業者や大学卒業者と比べて圧倒的に少ないですのでそれに特化した求人というのはほとんどありません。しかしながらハローワークなどでの公的機関では、大学中退者に対しても求人を紹介してくれますので、若年者用窓口を利用する方法もあります。

 

 さらに企業によっては、中退者も待遇を変えることで採用している場合もありますので、気になる企業があったら人事に問い合わせるのも一つの方法です。


このページの先頭へ戻る