即戦力性が重要

 企業が就職の面接で見ているのは、即戦力になるかどうかです。特に新卒採用とは違って、中途採用の場合は、即戦力性がとても重要になってきます。その中でもフリーターの採用となると、ポテンシャルや将来性を見て採用してもらえることはまずありません。面接の時点で何ができるかだけがチェックされます。

 

悩むフリーターも多い

 しかし、フリーターとして働いてきたけれど、アピールできるようなスキルや資格は無いという人も多いでしょう。実際、フリーターの場合、正社員として働く人とは違って、責任ある仕事や、難易度の高い仕事は任されないですから、自分を磨きづらいです。就職したいけど、就職できる自信が無くて、就職活動を始められないフリーターも多いかもしれません。

 

継続力をアピール

 ですが、実はフリーターでも、今まで長年、同じバイトなどを続けてきた実績があるのなら、それをアピールすれば就職は成功しやすいです。別にスキルや資格が無くても、忍耐強く同じ仕事を続けられる能力があれば、面接官から好評価してもらえるのです。特に若い人の場合、離職率の高さが問題視されやすいですから、フリーターとして働き、社会経験があるというのは新卒の人にはないフリーターならではのアピールポイントになります。


このページの先頭へ戻る