1.介護業界について詳しく知ろう!

 

 

 介護職と言うのは、お年寄りのお世話をする仕事です。専門的な職業であり、お年寄りの自宅や介護施設にてサービスを提供する現場スタッフの総称です。近年大注目の職業であり、職種や給料携帯、求人詳細などが様々となっています。

 

★介護業界の種類
【ホームヘルパー】
→ホームヘルパーは高齢者の自宅に出向き、介護のお世話をします。排泄、食事、入浴などの介助を現場で行う職業です。

 

【介護福祉士】
→介護福祉士は国家資格を有する職業です。日常生活に支障のあるお年寄りの介助をするお仕事となります。

 

【ケアマネージャー】
→ケアマネージャーは要介護認定を受けるための認定申請代行と訪問調査などを行います。

 

【理学療法士】
→医師の指示を受け、身体に障害のある人に対して治療体操などの運動を行わせ基本的動作能力の回復を手助けします。

 

 

 

2.介護業界の収入や将来性について知ろう!

 

 収入は全体的に見て、男性、女性ともに平均年収300万円前後となってきます。現場で働いているスタッフは、より給料が低くなって来る一方、介護を通して過酷な仕事を要求されます。最終学歴が高卒であっても収入にはほとんど影響ないようです。
 ショートステイ、老人ホームなどで24時間お年寄りが滞在している施設では、夜勤も強いられる場合があります。勿論、夜に働けば収入も多くなってきます。

 

 ただし、一言に介護職と言っても、施設や働き方によって報酬や待遇が様々です。休日やシフトの配慮をしてくれて、体力面でも支障をきたさないように考えてくれる職場ならそうも辛くはないかもしれません。
 また、職場を選ぶときに、収入面はもちろんのこと、年間休日数、有給休暇、時間外労働、研修制度、交通費、退職金制度、昇進・異動など細かい事など確認しておくことお勧めします。

 

 しかし、これからも高齢化社会が続いていく日本では、介護職である程度の地位まで上り詰めていけば、安定性や将来性は確保できるとも言えます。

 

(就職案内)
高校中退から就職を成功へ
高校中退者の就職に必要なポイント

 

3.まとめ

 

 介護職と言うのは、一言にくくったとしてもどのような職場につくのかによって大分変ります。一見自給が高いシフト制であるとしても、働き方によって月収は意外と少なくなってきます。
 夜勤が多い場合、訪問介護では、1日の労働時間が短く安定した勤務時間が取れないことがあります。毎日ある程度のリズムを付けて働きたいという場合には、老人ホーム、ディサービスなど安定している職場を選ぶとよいでしょう。

 

 長く続ければ安定性もありますし、上へと昇っていけば収入も確保でてくると言えるでしょう。また、高齢化社会でお年寄りの世話を通していくことによって、社会に貢献している誇りある職業といえます。



このページの先頭へ戻る